先を見通す

簡単にわかる解説。外貨両替⇒海外旅行にいくときあるいは手元に外貨をおく必要がある企業や人が活用されている。ここ数年、円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する動きもある。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
【紹介】先物取引を分析すると、「証拠金取引」制度を取引に取り入れている金融商品。このため限られた資金からでも売り買いが可能である。このためハイリスク・ハイリターンの投機的な投資スタイルも可能とされるのです。
【ポイント】「投機」:株式を売買する企業の業務や経営状態などとはちっとも関係しない取引で、機械的に株式の売買を繰り返すことによりキャピタルゲインという“利ざや”が目的の株式投資の手法なのだ。
きちんと理解が必要。株式について。社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても自社の株式を持つ株主への返済しなければならないという義務はないと定められている。加えて、株式は売却によって換金できる。
簡単?!デリバティブというのは伝統的なこれまでの金融取引または実物商品や債権取引の相場変動によって生まれたリスクを避けるために実用化された金融商品の名前をいい、金融派生商品という呼称を使うこともある。
平成10年6月のことである、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るもののセクションを切り離して、総理府(当時)の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として金融監督庁という組織を設けることになったということ。
運用に必要な費用は低くて0.1、高くても1%程度となっており、インデックス型ファンド(インデックス:商品価格、商品指数などの指数(インデックス)に連動)を含めた一般的な投資信託の運用管理費用と比較してかなり低く設定されていて、長期の投資に申し分ない商品とされているのだ。
【知っておきたい】アセットアロケーションの基礎。アセットアロケーション(投資配分)は一回決定したからといってそのままではないのです。組み立てたアセット(資産)アロケーション(配分)の取引状況を油断せずに確かめ続けることが課題になります。
西暦1998年12月に、当時の総理府の外局として国務大臣をその委員長と定められた新しい組織である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に2年余り位置づけられたことになる。
東京の兜町に建っている日本を代表する金融商品取引所である東京証券取引所の 隣のブロックに、平成14年に誕生したみずほ銀行兜町支店があるのです。1873年まさにこの地にわが国初の国立銀行である「第一国立銀行」が創設されたのです。
格付け機関による金融機関格付の公開の持つ意義とは?単純にまとめて述べると、「多くの情報の比較できない部分をなくす」という効果があることで「金融市場の取引等を情報収集で円滑にする」ことなのだと断定することができるのだ。
麻生総理が誕生した平成20年9月15日のことである。アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが前触れもなく破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。これが発端となって歴史的な世界的金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたわけだ。
【解説】外国為替市場⇒外国為替に関わる取引がされている市場を表す言葉ということ。外為市場というふうに省略することもあり、一般には為替銀行間取引(銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引)が行われる市場のことを指す名称。
ところが、金融商品へのあらゆる取引業務が証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)の定めに基づき、制限されているというわけではなく、、例をあげれば通貨の売買に係る取引(いわゆる両替業務)にに関してであれば金融商品取引業の登録は不要です。
この頃、偽造・盗難キャッシュカードであったり振り込め詐欺、さらにインターネット・バンキング上でのIDなどの個人情報詐取によって起きた被害など新しいタイプの銀行取引に関係した悪質な金融犯罪の急激な増加が重大な社会問題となっています。