ファンド

ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を作り、なおかつ適切に運営していくためには、気の遠くなるほど量の「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が規定されていることを知っておきたい。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が破綻(倒産)する。この破綻で、初となるペイオフ(預金保護)が発動したのである。このとき全預金者に対する3%程度とはいうものの数千人が、上限額適用の対象になったと推測される。
【常識】スキャルピング:デイトレード(1日に1回もしくは複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、数分(秒)の間に数回の値動きしたことを知ると売買する取引のことを称して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)と呼んでいる。
疑うことなく金融システムこそ経済における肝心な動脈と同じなのであり、我が国の経済の変革や活性化させるため、加えて不良債権問題の解決しつつ、抜本的な構造改革を実現させることができる、より強固で安定的な金融システムを構築することが最大の課題です。
【トラブル】金融ADRの基礎。複雑化する金融に関する分野での裁判以外で紛争の解決を図る制度である。政府、金融庁でも金融機関と利用者との間に発生した金融商品・サービスに関するトラブルを簡易かつ迅速に決着させる方法であると期待している。
このように日本の金融・資本市場における競争力を高めることを目的とした規制緩和のほか、金融システムのますますの質的向上が目的とされた試み等を積極的にすすめる等、市場環境と同時に規制環境の整備がすでに進められているのであります。
【経済用語】金融ビッグバンはどんな出来事?20年近く前のわが国で橋本内閣が発足した平成8年から21世紀最初の年となった2001年(平成13年)まで約5年間行われた記憶に鮮明な大がかりなわが国では初めての金融制度の改革を宇宙誕生の現象になぞらえたコトバである(日本版ビッグバンともいわれる)。
投資したいのは株だけだと言って、株式の動向だけを注目していると、為替市場の動向が響いて株式市場の価格が変動しても、その株価が変化した原因がわからないままで、その後の変動に対処できない可能性が非常に高い。
個人ではなく、企業体で投資を行っている大口の投資家である機関投資家というポジションでも、信託会社など大手金融機関などが企業、あるいはグループで非常に大規模な投資が実行されることもあり、信託会社や保険会社など機関投資家が運用する投信(委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)への巨額な資金の流入も実施されているということ。
【金融用語】カバード・ワラント:ゴールドマン・サックスが扱うeワラントおよびポケ株ワラントなどの独特の商品があり、どの商品も基本的に少しだけでも投資することが可能な点が魅力な商品です。
【常識】REITに関する知識。不動産投資信託(不動産収入で得られる収益を還元する投資信託)という意味のわが国の言葉ということ。別に、国内法に定義された日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと呼ぶことがある。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のこと。注意すべきは取得ののち30日未満で解約するような場合、その手数料に違約金が課せられるという仕組み。
【トラブル】先物取引は、いわゆる証拠金制度が組み込まれている金融商品で、限られた資金からでも楽に取引が可能であるため、ハイリスク・ハイリターンといった投資パターンも可能です。
つまり投資とは、主に経済分野の用語として、未来の資本(元手・生産能力)を強化させるために、現時点で資本投入する活動を指す場合が多い。広義においては、自己研鑽や人間関係においても使用されるのだ。
株式をはじめとするそれなりの利益をあげるには、どうしてもリスクも背負う必要があるわけだが、投資の種類や投資のスタイルを上手に選べば、限定的でも危険性の回避が実現可能なのだ。